ABU Ambassadeur 5001C

abu_5001c_01

これも20数年前に購入したABUのリールです。
バス釣りを始めて最初に買ったリールがこれ。シブイでしょ。

べつに「トップ命!」だったわけではなく、
普通にいろいろなルアーで使っていました。

フットナンバーが(86-0 90-91)なので、1990-91年製造ですね。
箱でわかるようにオリムピックがABUを取り扱っていた時代のものです。

abu_5001c_02

abu_5001c_03

釣りに関しては子供のころから好きだったけど、
家の近所の防波堤からどんな魚でも釣れればいいという感じでした。

主にメバル、カサゴ、海タナゴ、キス、アイナメ、カレイあたり
がターゲット。もちろんエサ釣りです。

このリールを買った当時は社会人になったばかりで、
会社の先輩からブラックバス釣りに誘われたのがきっかけで購入。

その先輩が左巻きベイトリール使いだった影響で、
僕も最初から左巻きリールを使うことに。

ただ当時はほとんどのリールが右巻きしかなく、
左巻きのリールとなると本当に限られていて
あまり選択の余地は無かったと記憶しています。

ロッドは先輩から譲ってもらったレスターファインのロッド。

海釣りしかやったことのなかった僕にとって、
レスターファインに装着されたフジのガングリップは、
衝撃的にカッコよかったのを鮮明に覚えてます。

初めてのバス釣りは、日本のバスの発祥地である芦ノ湖。

7月の第一日曜日か第一水曜日のどちらかだったと思う。

そこでなんと爆釣してしまうんですよ、しかもトップで。

時期と小雨混じりな天候が良かったんだと思います。

あの有名なヘドンのダブルスイッシャー、ダイイングフラターで。

それから当時流行っていたスラッゴーも凄かった。

アベレージ35センチくらいのバスを20本近く釣ったと思います。

それからしばらくはバス釣りにはまってしまいました。

でもあれ以来、芦ノ湖では同じような爆釣を味わうことは
二度とありませんでした。本当に「良い思い出」です。

そしてこのリールもでかくて重くて飛ばなくて、
あまり使用する機会はありませんでした。

たまに霞ヶ浦の葦ぎわや真珠棚の杭打ちで、
ヘビーなロッドを使ったピッチングに使用していたくらい。

当時の霞ヶ浦は型はそれ程でもなかったけど数はメチャ釣れましたね。
それこそ1本の杭に1匹という感じで釣れました。

初めてバス釣り用に自分で買ったリールなので
このABU5001Cはすごく思い出深いリールです。

楽天市場でABU 5001Cをさがす。
ヤフオクでABU 5001Cをさがす。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

    お薦め / recommend

海釣り入荷速報
池/湖釣り入荷速報
ランニング/ウォーキング入荷速報
アクティブスポーツ入荷速報
ジム/フィットネス入荷速報


このページの先頭へ